会長挨拶

会長 香川 惠造 一般社団法人京都府病院協会は昭和26年4月26日、京都病院長会として発足し、昭和39年に京都私立病院協会が分離独立した後、昭和41年6月1日に京都府病院協会と名称変更をしています。平成26年7月には当時の会長である野口雅滋先生のもと、念願であった法人格を取得し、3年近くが経過したところです。本会の目的は「病院の医療施設の改善と医療内容の向上をはかり、かつ病院相互の連絡を密にすること」で、京都府内の官公立私立の病院の代表者で組織されています。現在の会員病院数は53病院です。設立の目的を達成するための大切な事業として、毎年病院長研修会が行われています。先進的な取り組みをされている病院を視察し、病院幹部からその理念を直接伺うことができる非常に貴重な機会です。しかも、この研修会は一泊二日で行われますので、参加している病院長たちが現在の医療体制の問題点やいかに改善すべきかの理想について、夜遅くまで語り合えるのも魅力の一つです。現地の美食を味わうこともできます。昨年は、工夫に富んだ病院改革で知られる高知の近森病院を訪問しました。本年は石川県七尾市の恵寿総合病院に伺う予定です。神野正博理事長のもと柔軟な発想で、病院内部の活性化はもとより地域医療と地域創生に取り組んでおられる病院です。是非とも多くの院長先生にご参加いただけますようお願い申し上げます。

 さて、昨年度末には地域医療ビジョンである「京都府地域包括ケア構想」が策定されました。各構想区域における必要病床数については、4機能(高度急性期、急性期、回復期、慢性期)ごとの具体的な病床数は示さず、京都府の独自色が出たものとなっています。第7次医療計画に向かって 地域医療ビジョンに基づく計画設定が始まりますが、どのように調整されていくか注視していく必要があります。

 新専門医制度につきましては総合診療医の位置づけをどうするか、医師の地域偏在を助長することはないか、など課題はなお山積しています。本制度の在り方についても京都府医療対策協議会などの場を通じ、意見具申してまいります。

 平成30年度は診療報酬・介護報酬の同時改定の年です。マイナス改定になるとの予測も出ていることから、対策・準備を進めていかねばなりません。加えて、第7期介護保険事業計画、医療等ID の始動など多くの制度改革が控えています。病院を取り巻く環境の急速な変化の中で、迅速な意思決定が問われてきます。このような多難な時代においては、京都私立病院協会とも緊密な連携を取りながら、医療界が一致団結して諸課題に対峙する必要があると考えます。ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

会長 香川 惠造