会長挨拶

会長 依田 建吾本会は昭和26年4月26日、京都病院長会として発足しました。その後、昭和39年に京都私立病院協会が分離独立した後、昭和41年6月1日に京都府病院協会と名称を改めました。そして、平成26年7月には、念願でありました法人格を取得し、一般社団法人京都府病院協会として新たなスタートを切りました。法人化して1年余りが経過しましたが、会員病院の皆様のご理解、ご協力のもと順調に会務運営を行うことができました。今後も引き続き、各事業の円滑な運営に努めてまいります。

これからの京都の医療提供体制において重要課題のひとつでもあります「地域医療構想」については、京都府においても今年度中の策定が予定されています。昨年末より各医療圏において調整会議が開催され議論が進みつつありますが、まだ明確な方向性が見えていません。本会としても、策定にあたっては、すでに存在している医療機能を十分に把握した上で将来像を考える必要があると考えています。拙速な対応により地域の医療提供体制に混乱を来さないよう引き続き、京都私立病院協会と協同で対応していきます。

平成29年4月から新たな専門医制度がスタートします。昨年、中立的第三者機関である「日本専門医機構」が発足し、「専門研修プログラム」による専門医の育成に向けた準備が進められてきました。この制度は、医師個人の資格制度の問題にとどまらず、地域医療や病院運営への影響も考慮しなければなりません。本制度の根幹である「専門医の質の一層の向上」とともに「地域医療に十分な配慮がなされる」ことも非常に重要な点であると考えています。本制度がより良い制度となるよう今後の動向を注視していきます。

昨今、医療界は非常に厳しい状況にあります。現に政府は社会保障費の抑制を鮮明に打ち出しております。40兆円を超える医療費への対応を看過することはできませんが、行き過ぎた医療費抑制策は、医療提供体制の崩壊にもつながりかねません。今後も他の医療関係団体とのより深い連携のもと、京都府の医療提供体制の構築に努めてまいります。

会長 依田 建吾