組織概要

設立概要

昭和26年4月26日、京都病院長会として発足しました。その後、昭和39年に京都私立病院協会が分離独立した後、昭和41年6 月1日に京都府病院協会と名称を改めました。平成26年7月に法人格を取得し、一般社団法人京都府病院協会として新たなスタートを切りました。

目的

病院の医療施設の改善と医療内容の向上をはかり、かつ病院相互の連絡を密にすることを目的としています。

組織

京都府内の官公立私立の病院の代表者をもって組織しています。
現在の会員病院数は52病院です。

役員

  1. (1) 定数16名(会長1名、副会長2名、理事11名、監事2名)
  2. (2) 任期2年

事業概要

行政ならびに医療関係団体との連携を図るとともに、以下の事業につき、鋭意検討しています。


  • 医療法、健康保険法等、医療・介護関係法規への対応
  • 地域医療構想の策定に向けた対応
  • 新基金を活用した勤務環境改善にかかる事業の展開
  • 救急医療体制への協力と対策
  • 公私の垣根のない病病連携の強化と充実
  • 病院医療のあり方についての意思疎通と共同事業の展開
  • 医療事故調査制度への対応
  • 医療従事者の確保への対応
  • 医療に関する地域住民への啓発運動への参加
  • 京都病院学会への取り組みと協力